スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チートが過ぎる黒子のバスケ

原作名:黒子のバスケ
作者:康頼
評価:★★★★☆
サイト:ハーメルン
    http://novel.syosetu.org/8120/

[あらすじ]
 キセキの世代と呼ばれる10年に1人の逸材たちが集い全中優勝三連覇を果たした後、
 キセキの世代のメンバーはそれぞれ別の高校に行くはずだったが・・・・。
 もしもキセキの世代のメンバーが同じ高校に進学したらというIF作品。

[総評]
 キセキの世代が黒子を除いて同じ高校に進学したらというIFモノ。
 赤司が厨二病に罹患してしまい、高校で俺tueeeeを実践したいという欲望のために
 実行に移したという面白い設定。
 赤司が原作よりもはっちゃけていて面白い。
 それぞれのキャラクターも原作の性格が出ていて違和感を感じなかった。
 赤司の厨二病によってキセキの世代がより強力にパワーアップしていき、
 まさに俺tueeee状態を見ることができる。
 執筆ペースが遅いので物語の進行スピードも遅めなのが玉に瑕だが、
 俺tueeeeな黒子のバスケを見たいというのならオススメな作品。
 Arcadiaでも投稿されている。


スポンサーサイト

黒子のバスケ~ヒーロー~

原作名:黒子のバスケ
作者:k-son
評価:★★★☆☆
サイト:ハーメルン
    http://novel.syosetu.org/6394/

[あらすじ]
 幼い頃からバスケを愛していたバスケ馬鹿の少年がいた。
 しかし、彼は中学をバスケではなくサッカーをして過ごしていた!?
 とあるキッカケからバスケから離れていた少年は
 少女の呼びかけにより高校からバスケを再開する。
 仲間たちとともに頂点を目指し駆け抜けていく。

[総評]
 幼い頃からバスケを愛していた少年、補照 英雄(ほてる ひでお)。
 しかし、中学ではとある出来事によりバスケを辞めて、サッカーをしていた。
 サッカーでも稀有な才能を示した英雄だったが、バスケを愛する気持ちは変わらず。
 しかし、親戚である相田リコによって高校からバスケを再開する。
 バスケ馬鹿の英雄の加入によって原作の誠凛高校バスケ部も変わっていく。
 楽観的なバスケ馬鹿が誠凛高校に加わって若干の原作改変をしながら物語は進む。
 序盤は英雄が加わってもほとんど原作改変が起きず二次小説を見ている意味を感じなかったのだが、
 徐々に英雄が加わることによる変化が起きてきて楽しくなってきた。
 ヒロインに相田リコがなりそうな感じでちょっと新鮮に感じた。


転生先は某バスケ漫画でした。

原作名:黒子のバスケ
作者:風涼レン
評価:★★☆☆☆
サイト:暁
    http://www.akatsuki-novels.com/stories/index/novel_id~108

[あらすじ]
 幼女を助けた代わりに自分がトラックに轢かれて死亡してしまった
 大学1年生の青年・遠野雪路(とおのゆきじ)。
 黒子のバスケのキセキの世代みたいな身体能力があれば
 自分も死ぬことがなかったと後悔しながら死んだ雪路は
 気がついたら新たに生まれるところだった。
 黒子のバスケの世界で黒子テツヤの幼馴染として転生した雪路が
 黒子と一緒にバスケットで頂点を目指す物語。

[総評]
 異世界転生モノ。
 黒子のバスケの世界に転生してしまった主人公・遠野雪路。
 5歳の頃からバスケットをやり始め、テンプレ通りに才能があった。
 黒子と幼馴染としてバスケットで頂点を目指す。
 雪路も帝光中のバスケ部だったのにレギュラー入りを拒否するというのが
 理解できない。
 レギュラーにならなかったら黒子との約束も果たせないのに
 なぜ拒否するのか。そして、黒子も特に責めている訳でもないのが気になる。
 幼少期をあっさりと終わらせ、帝光中時代の話を飛ばして誠凛高校の話に
 なっているので、詳細がよくわからない。
 しっかりとした理由があるのかもしれないが、
 現時点ではわからないので、ちょっと不快に感じた。
 話自体はコメディが中心で軽いのでサクサクと読める。


黒子のバスケ 「矛盾」~最強の矛と盾のキセキ~

原作名:黒子のバスケ
作者:快風
評価:★★★★☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/Novel/4525/

[あらすじ]
 キセキの世代と呼ばれる5人のバスケットの天才たちがいた。
 圧倒的な才能によって他の追随を許さないバスケットに敵うものはいないかに思われた。
 しかし、キセキの世代に対抗しうる才能を持ったもう1人の天才が存在した。
 そんなもう1人の天才である枢(かなめ)まどかの物語。

[総評]
 異世界転生モノ。
 インターハイに出場することを夢見ていた男が
 夢破れて死んでしまったが、記憶を持ったまま転生してしまう。
 転生してもバスケットを続けた上に今回はバスケの才能を持っていたようで、
 メキメキと頭角を現していく。
 中学時代にはついに勝つことができなかったキセキの世代に勝つために
 海常高校で部員たちと切磋琢磨していく。
 オフェンスの青峰を矛としてディフェンスの枢を盾と呼び表し、
 対比させているのがよかった。
 青峰とのライバル関係にワクワクしてしまった。
 二次創作では原作主人公のいる誠凛高校に行きがちだが、
 海常高校に行くというのも面白かった。
 バスケの試合の描写などもキチンと書いており、勢いがあって読み応えがあった。
 青峰との直接対決の機会が少ないのが残念だが、
 それ以外の登場人物との試合も楽しみ。
 現在はインターハイ本戦中なので、原作主人公組や青峰との直接対決が楽しみな作品。

 当作品は削除されました。


プロフィール

アフィリJIN

Author:アフィリJIN
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
PR
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。