スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死神より哀を込めて ~英雄達を裁くは少女~

原作名:魔法先生ネギま!
作者:ウージの使い
評価:★★☆☆☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/Novel/1181/

[あらすじ]
 戦争に巻き込まれ住んでいた村とともに命を落としてしまった少女。
 その少女は未練によって死後の世界に逝くことができずにいた。
 未練を断ち切るためには少女を殺した者達を殺す必要がある。
 復讐する相手は”赤き翼”と呼ばれる英雄たちだった。

[総評]
 故郷のアカネ村がスパイ容疑をかけられて連合軍によって村人ごと
 皆殺しにされてしまう。
 その村のとある少女は未練によって死後の世界に逝くことができずにいた。
 未練を断ち切りみんなの元に逝くために、復讐を決意した少女は
 冥界の番犬であるケルベロスに死神の力を借り受け、
 自らを「アカネ」と名乗り”赤き翼”と連合軍に復讐を開始する。
 疑問に思ったのが、なぜこの少女1人だけが未練を持ってしまったのか、
 そしてケルベロスが少女びいきで力を貸そうとするのかということ。
 理由が特に明記されていないので気になって仕方ない。
 現在は原作突入して間もないところ、まだまだ話は続くと思うので
 気になる人は読んでみては?


スポンサーサイト

しゅらばらばらばら━斬り増し版━

原作名:魔法先生ネギま!
作者:トロ
評価:★★★★☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/Novel/6187/

[あらすじ]
 京都において退魔を生業とする剣術士集団、神鳴流。
 人々を魔から守るために体を鍛え、心を鍛える剣士たちの最高峰に位置するのは
 宗家の青山。
 そんな青山の中から1人の異端が生まれいづる。
 斬ることに完結した1人の修羅、青山の物語。

[総評]
 京都神鳴流において宗家の青山から1人の異端が生まれる。
 前世の知識を持ちながら青山の肉体がどこまで強くなるかにしか
 興味を持たなかった少年は、いつしか斬るという答えに終わってしまう。
 斬るために、斬る。
 ただただ斬ることを繰り返した少年は、神鳴流を破門となり、
 畏怖を込めて「青山」とだけ呼ばれるようになる。
 青山のぶっ飛び具合がすごい。
 青山が存在することによって物語が悲惨な方向に改変されていく。
 原作キャラも死亡する上にネギもおかしな方向に成長していく。
 あんまりこういう方向性の作品を読んだことがなかったので新鮮だった。
 青山やネギがどういう結末を迎えるのかが気になる作品。


転生者についての考察

原作名:魔法先生ネギま!
作者:すぷりんがるど
評価:★★★☆☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/Novel/961/

[あらすじ]
 死亡した人々は光に出会う。
 光に導かれて転生を果たした人々は
 自らが望んだ能力を持ってどのような人生を送っていくのか。

[総評]
 異世界転生モノ。
 それぞれの理由で死亡した人々が
 自らが望んだ能力を持って魔法先生ネギま!の世界に転生する。
 タイトルを見て転生者たちを1人の視点から
 観察していくというような内容かと思っていたのだが、
 それぞれの転生者の視点から物語が進展していく形式だった。
 転生者全員が転生時に手に入れた能力に苦しみながらも
 新たな人生を歩んでいく。
 2013/01/31に完結したのだが、ラストはあんまりよくなかった。
 ハッピーエンドにするのはいいのだが、最後に伏線無しでの
 パワーアップイベントの発生で勝利という流れが面白くなかった。
 弱い転生者が強い転生者を倒すというようなジャイアントキリング的な
 展開を期待していたので、拍子抜けしてしまった。
 最後の展開以外はそれぞれの転生者の苦悩などを描いており、
 なかなか面白かった。


紫紺の邪眼(改訂版)

原作名:魔法先生ネギま!
作者:清流
評価:★★★★☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/Novel/1662/

[あらすじ]
 三十路直前で結婚に焦っていた男が交通事故で
 死んだと思ったら見知らぬ焼けている村の中にいた。
 悪魔と契約し、生き残ることができたが、
 この世界が「ネギま!」の世界であることを知ってしまった彼は
 憑依してしまった肉体の名前を捨て、
 新たな名前である「小宮山徹」としての人生を歩んでいく。

[総評]
 異世界憑依モノ。
 以前にじファンに投稿されていた小説の改訂版。
 所々細かいところが修正されているが、大筋は変更なし。
 しかし、訂正しているせいか若干訂正前と矛盾しているところがあり、
 細かなところが気になる人はイライラしそう。
 話自体は主人公・小宮山徹が封神妖幻流の剣術を習得し、
 原作に介入していく物語。
 アンチネギのような展開をしている。
 ヒロイン候補として桜咲刹那と宮崎のどかが出てきているが、
 恋愛に発展するかはまだ未定なので要注目。
 まだまだにじファン投稿時の話の進展まで来ていないので、
 にじファンで読んだことのある人には新鮮味は感じられない。


タツミーをヒロインにしてみるテスト

原作名:魔法先生ネギま!
作者:rikka
評価:★★★★☆
サイト:Arcadia
    http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=33428

[あらすじ]
 篠崎葵は半年以前の記憶が無い。
 京都に旅行に出かけて交通事故に遭い、
 両親と記憶を失った青年が必死に以前の交友関係と折り合いをつけて
 生活していた。
 そんな彼がある日、魔法に出会ってしまった。

[総評]
 篠崎葵は記憶喪失である。
 以前との交友関係に違和感を覚えて孤立していった葵は
 龍宮真名と出会い、いつしか周囲から「相方」と呼ばれるほどの仲になる。
 そんな時、さくら通りで女生徒が倒れているところに遭遇する。
 襲っていた犯人と共に・・・。
 相方である龍宮真名との掛け合いが面白い。
 魔法を使えず、気も常人よりも少ないという葵が
 知恵を絞って戦う姿に感動した。
 葵自身の謎や伏線が気になるところ。


NEXT≫
プロフィール

アフィリJIN

Author:アフィリJIN
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
PR
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。