スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いたちの憂鬱

原作名:オリジナル
作者:杉田淳一
評価:★★☆☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n9451d/

[あらすじ]
 魔法使いがあたりまえに存在する世界。
 魔法使いたちは魔力を交換しなければ生きていけない。
 しかし、神崎良の妹である綾は魔力交換を兄としかできなかった。
 それは良がいなければ綾は生きていけないことを意味する。
 重度のブラコンである綾が兄との一線を越えることを画策した時、
 物語は始まる。

[総評]
 世界観は現代だが、魔法があたりまえに存在している。
 シスコンである神崎良と重度のブラコンである神崎綾が物語の中心としてある。
 綾が禁断の一線を越えようと画策し、それを良の親友たちに見つかってしまう。
 親友たちは綾の計画を阻止しようと動き出す。
 親友の内の1人は良に恋心を抱いているので、綾の行動を期にこちらも動き出す。
 主人公である良のキャラが弱い。
 親友である2人はどちらも魔法使いとして優秀で、妹である綾も優秀であり、キャラも濃い目。
 また、増えてくる登場人物についても優秀な人間ばかりで
 反面、主人公がパッとしないので物語に面白みに欠ける面が見られる。


スポンサーサイト

エレメンタルロードテナー

原作名:オリジナル
作者:葵夢幻
評価:★★☆☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n6773c/

[あらすじ]
 シエラと名乗る少女との出会い。それが昇を戦いへと誘う出会いであった。
 シエラは自分は精霊であると言い、昇に契約をして共に戦ってほしいと頼み込む。
 突然の話に混乱している昇にキスをして契約を交わしてしまうシエラ。
 こうして精霊と契約者たちの戦いへと巻き込まれてしまう昇。
 昇は戦いの中で何を得ていくのだろうか。

[総評]
 精霊王の力を受け継ぐだけの器を持った人間と精霊が契約を交わし、
 戦いの中で生き残ったものが精霊王の力を手に入れるというバトルロワイヤルっぽい話。
 主人公である昇は優柔不断な人物で、事件に巻き込まれながらも成長していく。
 ハーレムっぽくなっているが、本人が優柔不断なせいでまったく進展していない。
 また読んでいるとどうにも設定されているだろう年齢よりも幼く見えてしまい、
 イメージでは子供の喧嘩っぽく見えてしまうのが残念。


物語の中の人

原作名:オリジナル
作者:田中23号
評価:★★☆☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n5920bb/

[あらすじ]
 様々な物語の中で語られる人物であるリヒード。
 彼は様々な体験をした後、引きこもりになる。
 200年間引きこもった彼は奮起し、外に出ることを決意する。
 リヒードが世に放たれることによって巻き起こるドタバタコメディ。

[総評]
 魔法オタクであるリヒードが様々な出来事に首を突っ込んでいく。
 引きこもりになったのも世間に出回っている魔法書を買い漁って
 買った魔法書を読むために200年間も引きこもったというのだから
 筋金入りだろう。
 その魔法書買い漁り事件が200年後の世界に影響を及ぼしているというのもおもしろい。
 しかし、リヒードがはっちゃけすぎていて子供のようにしか見えない。
 実際の年齢は少なくとも200歳以上なのにその態度を見ているとちょっと萎えてしまう。
 そんなことが気にならない人はおもしろいと感じるかもしれない。


異世界の王様

原作名:オリジナル
作者:池崎 数也
評価:★★☆☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n0609f/

[あらすじ]
 滝峰義人は平和な学生生活を送る高校生。
 いつものように楽しい学校生活を送り、幼馴染の北城優希と親友の藤倉志信と
 帰宅途中にいきなり異世界に召喚されてしまう。
 異世界に召喚された理由は王になってもらうため!?
 義人たちは無事に元の世界に帰ることができるのか?

[総評]
 異世界召喚モノ。
 義人を王として召喚したはずが幼馴染の北城優希と親友の藤倉志信の2人も
 巻き込まれて召喚されてしまう。
 元の世界に帰るためにも王として経営して帰るために魔力を貯めていくしかない。
 まったく経験のないことに四苦八苦しながら行動を開始する。
 異世界の人間を国王にする特殊な国・カーリア国。
 弱小国であるカーリア国が他国との外交などでも苦戦していく。
 若干ハーレム属性あり?
 主人公である義人よりも親友の志信のほうが主人公っぽい。
 また、経営といいつつもしっかりした経営の描写がすくないのが減点。


孫呉の仁義を継ぎし者

原作名:真・恋姫†無双
作者:FA-UMA
評価:★★★☆☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/?mode=ss&nid=218

[あらすじ]
 唯一の肉親である兄に憧れる少年「韓義公」。
 彼は兄に追いつくために様々なことを学び始める。
 ある時、村が賊に襲われた。
 命からがら逃げ出したが、追いつかれ兄にかばわれ助けられる。
 代わりに兄が亡くなり、孫家に引き取られる。
 韓義公は孫家の中で様々なものを得ていく。

[総評]
 韓義公が主人公。
 兄の後を継いで孫家の武将になった韓義公。
 いろいろな困難に遭遇し、悩むが周りの人間に助けられて
 精神的に成長していく。
 しかし、困難に遭遇→悩む→助けられるというのがパターン化してきている。
 韓義公の戦闘能力は関羽より少し弱いぐらい。
 物語の展開が独自路線であり、オリジナル展開が好きな方には楽しめると思う。


ウォルテニア戦記

原作名:オリジナル
作者:ホー
評価:★★★★☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n1898i/

[あらすじ]
 青年 御子柴亮真(みこしばりょうま)は異世界「アース」に召喚された。
 召喚された世界「アース」では戦争が繰り返されている世界。
 「アース」では他の生物を殺す毎に力の一部を吸収できる。
 召喚された人間は吸収率が高いために「アース」に召喚され戦争に駆り出される。
 亮真は元の世界に帰る手段を探すために行動を開始する。

[総評]
 異世界召喚物。
 主人公である青年 亮真が戦争のために異世界「アース」に召喚される。
 召喚主である魔法使いを拷問し帰還方法を知らないことを知った亮真は、
 自分を召喚した国である「オルトメア帝国」から脱出し、帰還方法を探る旅に出る。
 主人公の亮真が戦闘能力・知略ともに高い。
 異世界「アース」の戦争に巻き込まれるが自分の能力を駆使して頭角を表していく。
 様々な人との出会いがあり、仲間を得たり、敵として謀略を仕掛けたりと
 読み応えがある。
 現在書籍化もされており、Web投稿版で気に入ったのであれば、
 イラストや追加エピソードがあるので購入してみるのもいいかもしれない。


腕白関白

原作名:オリジナル
作者:そる
評価:★★★★☆
サイト:Arcadia
    http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=all&all=4384

[あらすじ]
 朝起きたら戦国時代だった。
 話を聞いてみると豊臣秀吉の甥だそうだ。
 豊臣秀次。殺生関白として切腹させられた可哀想な人!?
 終わった・・・・。
 豊臣秀次は何とか生き抜いていく事はできるのか。

[総評]
 戦国時代憑依物。
 豊臣秀次に憑依してしまった主人公は生き残るために行動を開始する。
 歴史の流れを知っているのを生かして能力がある人間を登用していき、
 登用された人間は秀次に対して忠誠を誓っていく。
 戦術などを知らない主人公は思いついた行動をとっていくが
 登用した人間がうまく生かしていくので結果的にうまくいくご都合主義。
 有能な人間と勘違いされていく秀次の成り上がり物語。


へんじがない。ただの偽勇者のようだ。

原作名:オリジナル
作者:空無 虚
評価:★★★★☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n4685i/

[あらすじ]
 黒い光に飲み込まれたら異世界に召喚されていた。
 勇者として魔王を倒さないといけないらしい。
 当然きっぱりと断る主人公「竜斗」。勇者は幼馴染の光一で十分だ。
 しかし、そんなことは関係ないとばかりに従者をつけられて
 勇者として魔王を倒すことを義務付けられた。
 魔王だろうとなんだろうと正々堂々、幾重にも罠にかけて、背後から不意を打ってやるよ。

[総評]
 異世界召喚物。
 典型的な主人公キャラである幼馴染の光一と
 不意打ち上等な主人公竜斗。
 それぞれが従者を付けられて魔王を倒すことを命じられる。
 竜斗が型破りなので付けられる従者も型破りなものばかりのイロモノ集団になっていく。
 国も一枚岩じゃなく権力争いをしていたり魔王の勢力が攻めてきたりと
 休む暇もない日々が始まるが、竜斗は自分なりのやり方で戦っていく物語。
 光一と竜斗の対比がわかりやすくておもしろい。


完全装鋼士 レベル0

原作名:オリジナル
作者:ノシ棒
評価:★★★☆☆
サイト:Arcadia
    http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=original&all=9806&n=0&count=1

[あらすじ]
 気がついたら異世界にいた主人公。
 なぜか名前が思い出せず、人にも認識してもらえない。
 鬱々として過ごしていたが、一人の人がかろうじて気がついてくれた。
 その人「ジョゼット・ワッフェン」に名前をつけてもらうことで人々に認識してもらう。
 新たな名前は「ナナシ・ナナシノ」。
 ナナシの異世界生活始まる。

[総評]
 異世界転移物。
 序盤は明るい雰囲気でギャグも所々で入ってくるのだが、
 段々と暗い雰囲気の展開になっていくので、だまされた!と思う人もいるかもしれない。
 中盤以降は暗い話オンリーで明るい話を期待する人は読まない方がいい。
 神の加護が世界のシステムとして存在している世界で主人公は異世界人であるがゆえに
 加護を持たない人間だった。
 レベルなどの恩恵も受けることができないナナシは恩人であるジョゼットの制作した
 機関鎧を纏い、完全装鋼士として戦う。
 現時点ではラスボスとの戦いが近くクライマックス直前。
 ラストを見逃せない。


【送料無料】鎧亜騎譚(1) [ 小宮利公 ]

【送料無料】鎧亜騎譚(1) [ 小宮利公 ]
価格:580円(税込、送料別)

ダンジョン作成記

原作名:オリジナル
作者:MS
評価:★★★☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n3236be/

[あらすじ]
 布団で眠っていたはずなのに気がついたら知らない場所の椅子に座っていた。
 近くのテーブルにはランタンと一冊のノート。
 ノートにはこう書いてあった「ダンジョン・マスターの心得」。
 ポイントを利用してダンジョンやモンスターを作成し、楽しめとのことだ。
 主人公のダンジョン経営はどうなるのか。

[総評]
 異世界ダンジョン経営物。
 主人公は一部の記憶を失っている。その中には自分の名前も含まれている。
 名前も決めないまま主人公はダンジョン経営を開始する。
 モンスターが忠誠を誓うかどうかも不透明なまま内心ビクビクしている主人公とは対照的に
 モンスター達は主人公に対しての忠誠度が高く、ドンドンと強化されていく。
 それにも気づかない鈍感な主人公。
 主人公を異世界に連れてきた存在や主人公以外のダンジョンマスターについてなど
 まだまだ謎の部分が残されている。その謎が解ける日は来るのか?


規格外たちの間接介入『D×D編』

原作名:ハイスクールD×D
作者:獅狼
評価:★★★☆☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/?mode=ss&nid=1019

[あらすじ]
 前作で強くなりすぎてしまったハイネたちは、偶然魔界に迷い込んでしまった主人公を
 鍛えることで暇を潰すことを決める。
 主人公はハイネたちのシゴキに耐えることができるのか。

[総評]
 偶然迷い込んでしまったハイスクールD×Dの主人公「兵藤一誠」。
 主人公を見つけたハイネたちは暇つぶしのために主人公を鍛えていく。
 修行風景はほとんどなく、原作に入っていくのでダラダラと修行風景を読むことはない。
 以降、主人公である「兵藤一誠」の視点で話が展開していく。
 若干の原作改変があるが、基本的な進行には影響していない。
 また、タイトルの関節介入の通りにハイネたちオリジナルキャラは
 ほとんど登場していない。
 現時点での最新話でハイネたちが主人公たちの前に再び登場して
 これからの展開に変化があると思うので、今後の展開に注目していきたい。


旧作・規格外の起源

原作名:真・恋姫†無双
作者:獅狼
評価:★★☆☆☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/?mode=ss&nid=1355

[あらすじ]
 理不尽な死に方をした主人公。
 神によって他の転生者たちを始末していくことになった。
 その前に修行漬けの日々を送ることになる。
 修業の成果で規格外になってしまった主人公・灰根(ハイネ)はどのような道を進んでいくのか。

[総評]
 転生してからの序盤は修行期間が長く飽きがくる。
 また、ほとんど原作に関わりがなく、いつ頃になれば原作キャラに会えるのかとイライラしてしまう。
 主人公・灰根(ハイネ)はディスガイアの能力をもって成長していくが、
 ディスガイアのことを知らなければまったくついていけないと思う。
 せめてディスガイアのシステムを使用する場合は初めての方にもわかりやすく
 説明がついていたら良かったと思う。
 せっかく面白くなりそうと思うところで打ち切りになっているのが残念。


勝ち組の武器屋さん

原作名:モンスターハンター
作者:蒲凹
評価:★★★☆☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/?mode=ss&nid=242

[あらすじ]
 気がついたら武器屋の息子に生まれ変わっていたアル。
 しかもモンスターハンターの世界のようだ。
 自らの知識を生かして勝ち組になることを目指す物語。

[総評]
 主人公であるアルは戦闘能力はほぼないが、残念な知識を生かして
 なんとかやっていける程度には戦闘ができる。
 しかし、妹にすら筋力や体力が負けている。残念。
 何度も何度も「勝ち組」を口に出しており、文中にも「勝ち組」を強調するように繰り返しているのが、
 鬱陶しいと感じる人もいるかもしれない。
 ハーレムを作れるような環境なのに気づかない鈍感っぷりも「勝ち組」要素らしい。
 現在は武器作成の技術向上のためにラルフの街に行っているが、
 基本的な展開が「問題発生→勝ち組効果発生→好感度獲得」のようにワンパターン化しているので、
 今後もう少し展開が読めないような話作りを期待したい。


ゴブリンの王国

原作名:オリジナル
作者:春野隠者
評価:★★★★☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n8034ba/

[あらすじ]
 飢餓感を感じて目を開けると森林が広がっていた。
 湖で自らを確認すると化物(ゴブリン)になっていた。
 何が起こったのかわからないが化物になった第二の人生で
 世界に自らを刻み付けることを決意する。
 ゴブリンという最底辺に位置するモンスターに生まれ変わった主人公が
 自らの王国を作り上げていく物語。
 
[総評]
 主人公は固有名詞がなく「王」と呼ばれている。
 主人公自身はゴブリンとしては破格の強さを誇るがゴブリンという種族が
 最底辺に位置しているので多種族を相手にする場合にはかなりの苦戦を強いられる。
 苦戦しながらも勝利を重ねる主人公がカッコイイ。
 王国を作るために戦闘を重ねていくのだが、その只中にあっても
 他の厄介事が発生したりと読んでいて飽きない。
 神々の因縁や聖女との関係など見所もあるのでオススメ。


赤龍帝と滅殺姫と皇帝龍の話

原作名:ハイスクールD×D
作者:氷狼
評価:★☆☆☆☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/?mode=ss&nid=285

[あらすじ]
 神器【冥王龍の邪眼(インペリウム・アイ)】を所持した主人公王咲燐。
 王咲燐は目立たないという理由で地味な格好で駒王学園に通っていたが、
 ある時、はぐれ悪魔に遭遇し、戦闘を行った。
 そこに現れたのは滅殺姫リアス・グレモリーとその眷属たち。
 この出逢いから物語は始まる。

[総評]
 主人公である王咲燐が圧倒的な強さを誇る。
 その上、更に強化されるというチートっぷり。
 登場人物の女性たちにもすぐに惚れられる。
 しかし、惚れられる理由に明確な理由がないものも多く、納得できない。
 また、王咲燐がリアス・グレモリーの眷属悪魔になる理由も特に語られていない。
 王咲燐の加入によって原作破壊が起こると思いきやある程度は原作沿いになってしまっているのも
 疑問である。
 ツッコミどころが多すぎて逆に注目の作品かもしれない。


Hunter and Smith Online

原作名:オリジナル
作者:栗木下
評価:★★★☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n3716bh/

[あらすじ]
 主人公はプレイヤーが狩人兼職人となり魔物と戦うVRMMOをプレイする。
 しかし、電子の女帝によってログアウト不可能な事態に見舞われる。
 デスゲーム化はしていないようなので、主人公はプレイヤー「ヤタ」として、
 自分なりのプレイスタイルで冒険をはじめる。

[総評]
 主人公はプレイヤー「ヤタ」としてイロモノプレイをしていく。
 バーバリアンプレイ。相手に喰らいつくというやり方は、
 実際に感触なども再現されるゲームだと絶対にやりたくない類のプレイスタイルだと思う。
 主人公自身がイロモノですが、それ以上の濃いキャラも登場している。
 裸女には今のところまったく関わっていないが、今後はどのような関わりを持つのか興味がある。
 現在、ヒロインなどの恋愛要素はまったくなくパーティを組むのも一時的なものだけなので
 今後もソロプレイになるのかパーティを組んでいくのかにも注目したい。


碧の蛇/赤い竜  ~神殺しはヒーローになれるか?~

原作名:カンピオーネ!
作者:名無しの百号
評価:★★★★☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/?mode=ss&nid=997

[あらすじ]
 オタク趣味のためにバイトに明け暮れていたら体格も良くなり目付きも悪くなってしまった皆藤雄治。
 不良に絡まれ喧嘩を売られる日々。
 そんな雄治が東京に一人暮らしをはじめる。
 東京に来て初日にいきなり幽世に迷い込み神と殺し合いをするハメになる。
 神を殺しカンピオーネになってしまった雄治はその力を使い憧れていた人知れず戦うヒーローを目指す。

[総評]
 主人公が神殺しをするところから始まる物語。
 カンピオーネになってから10年後、人知れず戦うヒーロー兼探偵としての稼業をしている皆藤雄治。
 権能が毒と呪いというヒーローには程遠い能力を使って神と戦うという設定なのだが、
 未だにカンピオーネということを気付かれずに10年間も活動できるのは無理があると思う。
 戦闘シーンもあっさり終わるので戦闘にはあまり期待できない。
 皆藤雄治の在り方がカッコイイ。
 話数自体はまだ少なく物語としても1巻が終わったところなので、今後にも期待したい。


これはひどいオルタネイティヴ

原作名:Muv-Luv
作者:Shinji
評価:★★★★☆
サイト:Arcadia
    http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=muv-luv&all=3960

[あらすじ]
 二十代後半の男が朝、目が覚めると白銀武に憑依していた。
 しかもオルタネイティヴの世界だ。
 絶望を感じつつも元の世界に変えるために原作の白銀武のように行動し、
 オルタネイティヴ4を完遂することを決意する。
 主人公は元の世界に帰ることができるのか?

[総評]
 異世界憑依物。
 白銀武に憑依してしまった男の物語。
 タイトルの通りにこれはひどい(笑)。
 主人公の一人称がメーンで進んでいくが、主人公の内心と周囲の白銀武の印象とのギャップがすごい。
 主人公の行動を周囲が勝手に勘違いしてどんどんと評価が上がっていくのが面白い。
 また、その影響で周囲の女性たちがどんどんと好感度を上げていくが、
 主人公は気づかないというまさに「鈍感」スキルが発動している。この主人公で鈍感ってw
 読んでいくうちにひどい主人公だと思っていても引きこまれていく作品。


Muv-Luv Eschatology

原作名:Muv-Luv
作者:桔梗紋
評価:★★☆☆☆
サイト:ハーメルン
    http://syosetu.org/?mode=ss&nid=738

[あらすじ]
 気がついたら戦術機の中にいた佐藤陣。
 ゲームの筺体の中だと思い込んだ佐藤陣はそのまま戦闘に突入する。
 数時間しても終わることのない戦闘。薄々とゲームではないことを感じるが認めることができない佐藤陣。
 この世界に終わりは来るのだろうか?

[総評]
 異世界憑依物?
 最初の1話はアンリミの話でタイトルからするとコチラがメーンの話になると予想される。
 しかし、2話からはエクストラでの話が展開される。急激な展開に戸惑った。
 また、話の中でも主人公である佐藤陣のいいところがあまり見受けることができず、
 感情移入がしづらい。
 投稿されて数日なので今後の展開に期待したい。


MUV-LUV Unlimited GHOST VARIANT

原作名:Muv-Luv
作者:USK
評価:★★★☆☆
サイト:Arcadia
    http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=34426&n=0&count=1

[あらすじ]
 オルタネイティヴ4が失敗し、人類はオルタネイティヴ5に移行した。
 バビロン作戦。大量のG弾によってハイヴを殲滅する作戦。
 しかし、なぜか大多数のG弾が不発に終わり、小規模のハイヴのみしか殲滅することができなかった。
 人類は絶望的な戦いを繰り広げる。
 そんな中、衛士たちの間でとある噂が広がっていた。
 見たことのない1機の戦術機がBETAを蹂躙していたと。
 上層部の人間はそれを衛士たちの『幻覚』として処理した。
 涼宮茜はそんな『幻覚』と出会う。

[総評]
 オルタネイティヴ5で大量のG弾が投下され、それが失敗に終わったIFの世界という設定。
 涼宮茜とハイト。2人の出会いから物語が始まる。
 オリジナル設定が多く、ご都合主義的な場面が多々登場する作品。
 原作の登場人物は珠瀬壬姫のみで壬姫もサブキャラとしての役割。
 原作を知っていないとわかりにくい描写があるので原作知識がない人には少しツライ。
 設定が面白く、文章の全体量が少なめなので一気に最後まで読みきれた。


マブラヴオルタネイティヴ『掴み取る未来』

原作名:Muv-Luv
作者:ファントム
評価:★★★☆☆
サイト:Arcadia
    http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=22526

[あらすじ]
 自衛隊の任期が終わり継続するか否かで悩んでいた北条直人。
 眠りについてみるとゲームで見たことのある少女がいた。
 訳の分からないまま目が覚めると戦術機の中!?
 北条直人の異世界生活が始まる。

[総評]
 異世界憑依物。
 Muv-Luvの世界の北条直人になってしまった主人公は戦術機の中で目が覚める。
 必死で戦い生き残った直人はその後香月夕呼と出会う。
 直人のいうことを信じない彼女は直人を放り出す。
 その後彼は懲罰部隊に配属される。
 序盤は北条直人のヘタレっぷりがイヤになるが、
 段々と自分にできることを探し少しづつだがマシになっていく成長が見られる。
 作中では北条直人自身にも謎の部分があるように書かれているので
 その謎がわかるのが楽しみである。


真・恋姫†無双~俺の従姉は孫伯符~

原作名:真・恋姫†無双
作者:那家乃ふゆい
評価:★★☆☆☆
サイト:暁
    http://www.akatsuki-novels.com/stories/index/novel_id~15

[あらすじ]
 気がついたら転生していた何かのキッカケがあったわけでもない。
 2歳年上の従姉と仲良くなったが名前を聞くのを忘れていた。
 聞いてみたらなんと「孫策」だった!
 この世界は三国志に近い世界みたいだ。
 この世界で主人公はどのように生きていくのか。

[総評]
 異世界転生物。
 主人公である孫瑜が介入したせいか登場人物の性格が若干変わっており違和感を感じる。
 性格改変が気にならない方は問題なく読めると思う。
 また、典型的な主人公の特質である「鈍感」「天然たらし」を標準装備しており、
 好意を持たれても全く気づいていない。
 また、孫瑜が孫策と恋仲になるが、すぐに旅にでるので孫策との掛け合いが見られなかったのが残念。
 現在、反董卓連合編なので今後の展開次第では面白くなるかもしれない。


光菱財閥奮闘記!!

原作名:Muv-Luv
作者:カバディ
評価:★★☆☆☆
サイト:Arcadia
    http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=&all=28072

[あらすじ]
 平行世界から光菱が執り行った天霊祭という儀式によって光菱の光宮孝明に憑依してしまった。
 しかも以前読んだことがあるMuv-Luvの世界!?
 原作知識と異なる世界の知識を生かして自分と家族が生き残るための
 光宮孝明の奮闘が始まる。

[総評]
 異世界憑依物。
 マリヱに異世界の知識をもらい、自分と家族が生き残るために奮闘していく物語。
 話の展開がほとんどマリヱとの会話と状況説明になっており、話に起伏がない。
 状況説明の中には孝明の愚痴も入っており、萎えさせる。
 しかし、設定は凝っているために物語に引き込まれる人もいるかもしれない。
 登場人物の中には鋼殻のレギオスなどの他作品のキャラクターも登場しており、
 分かる人はニヤリとするかもしれない。


ロスト=ストーリーは斯く綴れり

原作名:オリジナル
作者:馬面
評価:★★★☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n6161h/

[あらすじ]
 アウロス=エルガーデンは大学で魔術を研究する魔術師である。
 しかし、研究の成果を示すことができずに大学をクビになってしまう。
 研究のテーマは「魔術編綴時におけるルーリング作業の高速化」。
 誰もが研究を試み挫折してきたもので今では誰も研究することがなく、お偉方にも受けが良くない。
 そんな彼を大学に招きたいという奇矯な教授に出会うことからアウロスの研究が進んでいく。
 アウロスは研究を完成させることができるのか。

[総評]
 主人公アウロス自身は魔力が低いために在籍していた大学でもバカにされていたが、
 それを創意工夫で何とかしようとする姿勢は素晴らしいと感じる。
 また、新しい研究室に在籍している研究者たちも個性があり、面白い。
 話の進め方や文章はしっかりしており、時折笑える場面もある。
 ただし、ほとんどのメンバーが腹黒い部分があり、明るい展開は期待できない。
 アウロスが研究を進めていく話がメーンであるために
 内容も研究に必要な実験や材料集めなどの話になってしまうので
 戦闘シーンなどにはあまり期待できない。


Muv-Luv Initiative

原作名:Muv-Luv
作者:Caliz
評価:★★☆☆☆
サイト:Arcadia
    http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=12496

[あらすじ]
 交通事故で死んでしまったら二度目の人生を歩んでいた!
 二度目の人生がMuv-Luv ALTERNATIVEの世界と気づいた主人公は
 自分と両親の安全のために行動を開始する。
 しかし、歴史が微妙に違う!?
 その事実に気がついた時、主人公はこの世界がIFの世界ではないかと考える。
 主人公はこの事態にどう対応する?

[総評]
 異世界転生物。転生者複数。
 Muv-Luv ALTERNATIVEの世界に転生した不和衛士。
 しかし、歴史が違うことに愕然とする。
 衛士が鬱々と悩む場面が多く読んでいるとイライラしてくる。
 しかし、現在投稿されている最新話に近くなると自分にできることを決めて
 展開としては面白くなるかもしれない。
 転生者が複数存在しており、その人数も多いためにストーリーの進展速度がゆっくり。


勇者互助組合 交流型掲示板

原作名:オリジナル
作者:おけむら
評価:★★★☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n8344u/

[あらすじ]
 複数の世界をまたがって存在する勇者互助組合。
 勇者互助組合が提供している掲示板には今から魔王を倒そうとしている勇者や
 すでに自らの役目を終えてしまった元勇者がそれぞれの体験談や相談などを
 ダラダラと書き込んでいる。
 

[総評]
 1話完結型。
 元勇者が現役勇者に対して助言をしたりするのだが、
 真面目な返答よりもネタ振りのほうが多く話しの腰を折る場面などがある。
 某掲示板に対しての耐性がないと読めないと思う。
 また、掲示板形式のために登場人物の背景が一部しか語られないために感情移入がしにくい。
 ただし、話の内容自体はいろんな勇者が登場しネタが満載のために
 掛け合いなどが楽しい。
 

影は黄金の腹心で水銀の親友

原作名:Dies irae
作者:BK201
評価:★★☆☆☆
サイト:アットノベルス
    http://atnovels.sixcore.jp/index.php?m=novel&id=x32uaar

[あらすじ]
 アルフレート・ヘルムート・ナウヨックスは影である。
 いつからか水銀の友となり、黄金の忠臣となった。
 アルフレートは水銀の恋を応援し、黄金の渇望が成就することに協力することにする。
 計画開始から幾歳も経過した時、水銀と黄金の願いの成就のため戦争が幕を開ける。

[総評]
 序盤は水銀と黄金の願いの成就のために行動しているが、
 自分の渇望が何かを知った時点で自分の渇望の成就を優先している印象が強い。
 黄金に対する裏切りを画策する人間を見逃したうえに助言を与えるなど、
 行動に一貫性を感じない。
 また、条件が整わないと戦闘能力が低いみたいで現在は登場人物の中でも弱い部類に入るのに
 でしゃばって痛い目にあっている場面もある。
 今後物語が進んでいくと面白くなるかもしれないと感じるので、今後の戦いの展開に注目していく。


麦わらの副船長

原作名:ONE PIECE
作者:深山 雅
評価:★★★★☆
サイト:日々精進
    http://www.geocities.jp/miyamamiyabi/index.html

[あらすじ]
 神の手違いによって殺されてしまった主人公。
 転生先は死亡フラグ満載な『ONE PIECE』の世界!
 平凡な一般人として平穏な人生を送りたいと願ったのに神によって
 ルフィの親戚に転生することになる。
 ルフィたちと関わるうちに情が芽生えてしまった主人公ユアン。
 原作知識を活用して頂上決戦の歴史を変えることを決意する。

[総評]
 厄介事に巻き込まれないようにしているのに、
 祖父によっていきなり希望が覆されるユアン。
 エースやルフィと義兄弟となってルフィの副船長として航海に出ていく。
 オリジナル設定のユアンの両親が物語に絡んできていて面白い。
 また、ユアン自身も海賊に襲われたりした場合、ちゃっかりと相手から
 財産を盗んだりするという腹黒いところもある。
 原作キャラとの掛け合いなども面白みが感じられる。


勇者の活躍(?)の裏側で生活してます

原作名:オリジナル
作者:ぞみんご
評価:★★☆☆☆
サイト:小説家になろう
    http://ncode.syosetu.com/n4365be/

[あらすじ]
 白鷺紅は訳あって1年ダブリの学園3年生。
 ある日、生徒会に呼び出され生徒会室に赴いたところ光の渦に飲み込まれてしまった。
 生徒会室にいた全員が召喚された先は異世界の「エレンシア王国」。
 どうやら勇者を召喚するつもりだったらしい。
 召喚された勇者は同じく生徒会に呼び出された生徒だった。
 それ以外のメンバーは1年待てば帰ることができるらしい。
 紅たちの異世界生活が始まる。

[総評]
 タイトルと違い勇者の活躍がまったく出てこないので、
 その裏側という印象があまりない。
 単に異世界に召喚されてその世界で期間限定で生活しているだけのような気がする。
 紅を毛嫌いする副会長が登場しているが、
 嫌われ役としてすぐに気絶させられたりと描写にいいところがないだけでなく、
 描写も少ないので何のために登場させたのかがよくわからない。
 ただ、紅は異世界人に頼り切りにならず自身で稼ごうとする姿勢は評価できる。


プロフィール

アフィリJIN

Author:アフィリJIN
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
PR
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。