スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チートが過ぎる黒子のバスケ

原作名:黒子のバスケ
作者:康頼
評価:★★★★☆
サイト:ハーメルン
    http://novel.syosetu.org/8120/

[あらすじ]
 キセキの世代と呼ばれる10年に1人の逸材たちが集い全中優勝三連覇を果たした後、
 キセキの世代のメンバーはそれぞれ別の高校に行くはずだったが・・・・。
 もしもキセキの世代のメンバーが同じ高校に進学したらというIF作品。

[総評]
 キセキの世代が黒子を除いて同じ高校に進学したらというIFモノ。
 赤司が厨二病に罹患してしまい、高校で俺tueeeeを実践したいという欲望のために
 実行に移したという面白い設定。
 赤司が原作よりもはっちゃけていて面白い。
 それぞれのキャラクターも原作の性格が出ていて違和感を感じなかった。
 赤司の厨二病によってキセキの世代がより強力にパワーアップしていき、
 まさに俺tueeee状態を見ることができる。
 執筆ペースが遅いので物語の進行スピードも遅めなのが玉に瑕だが、
 俺tueeeeな黒子のバスケを見たいというのならオススメな作品。
 Arcadiaでも投稿されている。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 康頼 - 2013年06月16日 19:45:26

再び私の作品の紹介をしていただきありがとうございます。
三男坊と共に更新を頑張っていこうと思います。

Re: タイトルなし - アフィリJIN - 2013年06月17日 22:07:16

> 再び私の作品の紹介をしていただきありがとうございます。
> 三男坊と共に更新を頑張っていこうと思います。

コメントありがとうございます。
康頼様の作品をいつも楽しく拝見させていただいています。
黒子のバスケでは赤司の壊れっぷりが楽しくてついつい引きこまれてしまいました。
今後も続きを楽しみに待っていますw

トラックバック

URL :

プロフィール

アフィリJIN

Author:アフィリJIN
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
PR
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。